政府は17日、サイバー攻撃への対処能力の速さを競う府省庁対抗の訓練を東京都内で開催し、総務省が初優勝した。首相官邸で表彰式が開かれ、菅義偉官房長官は「わが国のサイバー空間における脅威は進化している。安全保障や危機管理上の重要な課題だ」と述べ、受賞者を激励した。

 大規模攻撃も予想される2020年東京五輪・パラリンピックに触れ「攻撃が発生した際、迅速、的確に対応するため、実践的な対処能力向上が不可欠だ」と強調した。

 訓練は今回が3回目。内閣府や防衛省など13府省庁が参加した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加