国が丁寧に調べることを躊躇(ちゅうちょ)したら人権はどうなるのか。1990年の足利・女児殺害事件を通じて考えさせるのが『殺人犯はそこにいる』(清水潔著)だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加