報道関係者に公開された、「レゴランド・ジャパン」の名古屋城(中央)などの模型。左奥はジェットコースター=17日午前、名古屋市

 開業まで2週間に迫った大型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」(名古屋市港区)が17日、園内を報道関係者に公開した。人気玩具「レゴブロック」を約1千万ピース使って日本の名所や建物を再現した「ミニランド」や40以上のアトラクションを楽しめる。オープンは4月1日。

 レゴランドは、約9・3ヘクタールの敷地に大小さまざまなレゴのモデルを配置。中央部のミニランドには、高さ約2メートルの名古屋城や東京スカイツリーの模型がお目見えした。

 ジェットコースター「ザ・ドラゴン」は全長490メートルで、緑の竜に乗り中世ヨーロッパをイメージした城を駆け巡る。

 屋内型のレゴランドは東京や大阪にあるが、屋外型は名古屋が初めてで、世界では8カ所目となる。入場料は大人6900円、12歳までの子どもは5300円で、2歳以下は無料。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加