■発達障害QandA

Q1 自閉症スペクトラムやADHDの症状に、どれも当てはまる気が…。

もしかして発達障害なの?

A チェックリストの項目に思い当たる節があるという人はとても多く、中には「ほとんどの項目に当てはまる…」と不安になる人もいます。しかし、それは誰にでも言えること。全く当てはまらない人はほぼいないので心配いりません。問題なのは当てはまった数ではなく、「チェック項目にある内容の程度が著しい場合」や「何度注意されても同じ失敗を繰り返してしまう場合」などです。

Q2 発達障害の原因って何?

A 基本的には、先天的な脳の発達特性が関係すると考えられていますが、その詳細についてはまだ分かっておらず、原因論の研究は現在も続けられています。1つだけはっきりしているのは、「育て方が問題ではない」ということ。原因に対して親が責任を感じる必要はありません。

Q3 発達障害って治るの?

A 発達障害は病気ではないので“治る”ということはありませんが、それぞれの特性に合った対処法によって“日常生活や社会生活を送るうえで問題ないレベル”にすることはできます。そのためにも早期診断が不可欠です。

Q4 発達障害と診断された子どもは特別支援学校に行かなければならないの?

A 特性の程度や環境によって①通常学級に在籍、②通常学級に籍を置き、教科によっては特別支援学級へ、③特別支援学級をメーンに、教科によっては通常学級へ、④特別支援学校に通学…などいろいろなパターンがあります。いずれの場合もメリットやデメリットなどをしっかり把握したうえで選びましょう。

Q5 発達障害だと障害者手帳がもらえるの?

A 発達障害そのものを対象としたものはありませんが、IQがおおむね70以下の場合は「療育手帳」が取得でき、税金の減免、公共交通機関や施設の利用料割引ほか各種の支援サービスを受けることができます。発達障害があってもIQが高いため療育手帳の取得が難しい人は「精神障害者保健手帳」を取得できることも。いずれの場合も、手帳を取得していると就労しやすいというメリットがあります。

Q6 うちの子、発達障害かも?どこに相談すればいいの?

A 子どもの行動で気になることや心配なことがある時は、まず各市町保健センターの保健師に相談するといいでしょう。発達障害とみられる場合は、発達障害者支援センターなど関係機関が窓口となって日常生活についての相談支援や就労支援などを行い、必要に応じて専門の医療機関や療育機関の紹介も行っています。

【診断を受けたい】…精神神経科、心療内科などの医療機関

【具体的な対策が知りたい】…発達障害者支援センター、地域療育センター、総合精神保健福祉センター、各自治体の福祉担当窓口など

【仕事について相談したい】…地域障害者職業センター、ハローワーク

【とりあえず話を聞いてほしい】…民間の支援団体、患者・家族会など

取材協力/

[佐賀県東部発達障害者支援センター 結]

【利用時間】月~金曜 9:00-17:00

      ※祝日、年末年始を除く

【利用方法】電話、Fax、メールにて問い合わせ後、完全予約制

【利用料】無料

【DATA】

住:鳥栖市江島町西谷3300-1

電:0942-81-5728

FAX:0942-81-5729

MAIL:shienyui@kumin.ne.jp

HP:http://www.kumin.ne.jp/shienyui/

新規開所/

[佐賀県西部発達障害者支援センター蒼空~SORA~]

【利用時間】火~金曜 9:00-17:00

      土曜 9:00-12:00

      ※日・月曜、祝日、年末年始を除く

【DATA】

住:多久市北多久町大字小侍40-2

  多久市児童センター1階(あじさいルーム1)

電:0952-37-1251

FAX:0952-37-1252

このエントリーをはてなブックマークに追加