上峰町出身で、商売を始めて48年がたった。ふるさと納税の返礼品として両町などに提供している県産和牛が好評で、既存の佐賀市内工場だけでは追いつかず、ラインを増設する必要があり、昨年6月にみやき町に食肉加工場を新設した。地元の雇用創出にも一役買っている。

 今回はさらに地域に貢献できればと、両町に計500万円を寄付した。「おみこしひとつ修繕するにも、何十万とかかると聞いた」。浮立などの伝統芸能保存会が、資金不足で運営が難しくなっているという窮状を聞き、みやき町とはそれらの活動支援に充ててもらえるよう話を進めている。上峰町は障害者福祉と青少年の健全育成をお願いした。

 若かりし頃は自身も上峰町の県重要無形民俗文化財「米多浮立」で、三日月型の巨大な「天衝」をかぶって舞った。「お祭りは自分の原風景。地域の文化が継承されていくお手伝いができれば」。みやき町原古賀。

このエントリーをはてなブックマークに追加