国の公害健康被害補償不服審査会は22日、亡くなった夫を中皮腫や石綿肺と認定するよう、群馬県板倉町と鳥栖市の女性がそれぞれ石綿健康被害救済法に基づき求めたのに対し、環境再生保全機構が不認定とした処分を…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加