ランナーズナイトで集まった参加者に、ストレッチの仕方などをアドバイスするゲストの湯田友美さん(手前左)=佐賀市の656広場

■「暑さには塩分補給を」

 19日開催の「さが桜マラソン2017」(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会・佐賀県・佐賀市・神埼市主催、ミサワホーム佐賀特別協賛)を前に18日夕、前夜祭「ランナーズナイト」が佐賀市呉服元町の656広場で開かれた。大会ゲストの元ワコール女子陸上部、湯田友美さんが参加者に完走のコツをアドバイスした。

 湯田さんは「最初から突っ込まず、最後のスパートの余力を残そう」「暑さ対策ではサプリなどでの塩分補給が大事」などと助言。姿勢を崩さずに走るための運動を実践してみせた。

 ダンスグループやご当地キャラのステージパフォーマンスもあり、会場を訪れた約600人はフードコーナーで地酒などを満喫。抽選会で湯田さんのサイン入りリュックが当たった熊本市の横溝和美さん(53)は「湯田さんに会えてうれしい。明日はフルマラソンで5時間以内を目標に笑顔で完走したい」と喜んでいた。

 大会は19日午前9時に佐賀市の県総合運動場をスタート。当日は県内のケーブルテレビが午前8時半から午後3時45分まで、大会を生中継する。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加