佐賀市議会(定数36欠員2)は10日、2016年度の政務活動費収支状況を公開した。交付総額は前年度より40万円少ない2040万円で、このうち返還された額は前年度比138万円減の218万円だった。

 市議会の政務活動費は会派を通じ議員1人当たり月額5万円(年間60万円)を支給している。支出総額は1821万円で、視察などの調査旅費が最も多く685万円、広報費が496万円と続いた。

 会派別の返還額は、自民政新会(7人)が最も多い73万9千円だった。次いで市民爽風会(4人)41万1千円、自民市政会(9人)が38万円4千円、社民(2人)31万2千円、公明(3人)18万4千円。さが未来(1人)は8万3千円、政研会(2人)3万6千円、市民共同(1人)1万6千円、政友会(4人)は1万1千円を戻した。共産(2人、2月から1減)は返還はなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加