米国メリーランド州にあるペイントブランチ高校の生徒11人が、10日から1週間の予定で小城高校に在籍している。海外短期留学の一環で、研修先に日本を選んだ男女が、小城高生の自宅にホームステイしながら通学している。

 小城高は初日、夏用の制服を全員にプレゼントした。卒業生に頼み込んで譲り受けたお下がりだったが、制服を着る習慣のない女子留学生を中心に「かわいい」と大喜びした。

 11日には留学生の大半が制服を着て登校した。アジア系の女子が、頬づえをつく普段のスタイルで授業を受けていたところ、小城高生と間違えた教師が「行儀が悪い」と注意。周りから「留学生です」と逆に注意され、冷や汗をかいたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加