九州豪雨の被災地支援のため、募金活動を行う広島とDeNAの選手たち=11日、マツダスタジアム

 プロ野球の各球場で11日、九州北部の豪雨による被災地支援のための募金活動が行われた。

 ヤフオクドームではソフトバンクの工藤監督、内川らが呼びかけ、工藤監督は「一日も早く元気になれるように、少しでも力になれれば」と語った。楽天の梨田監督や選手も協力し、58万6581円が集まった。大分市出身の内川は「知っている土地が大きな被害に遭ったのは信じられない。できる限りのことをやりたい」と話した。

 マツダスタジアムでは広島、DeNA両チームの選手に加え、鳥栖市出身の広島の緒方監督も参加。広島伝統のたる募金で、50万3161円が集まった。北九州市出身のDeNAの今永は「一日でも早く普段の暮らしを取り戻し、復興が進むことを願っている」と話した。

 東京ドームでは募金箱も設置された。みやき郡基山町出身の巨人の長野は「報道されている以上に大変だと聞いている。少しでも力になれたら」と語り、熊本県出身のヤクルトの山中は「大変な状況で、すごく心が痛んだ」と沈痛の表情だった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加