2回戦・致遠館-神埼 6回表2点目のホームを踏んだ宮地将弘(5)を迎える先発江頭悠哉(左)ら致遠館の選手たち=佐賀ブルースタジアム

 六回に打者一巡の攻撃で畳み掛けた致遠館が粘る神埼を振り切った。

 致遠館は六回、3番江頭直、4番宮地の連打などで1死二、三塁とし、6番野口の中前適時打で2点を先制した。

 さらに安打と四球で得た1死満塁から9番酒見の右犠飛で1点を加えた。先発江頭悠は要所を抑え、2失点でしのいだ。

 神埼は2点を追う九回、1死二塁から3番中牟田の二塁打で1点を返したが、続く同点機であと1本が出なかった。

 致遠館・江頭悠哉(一打同点の場面を抑え、9回2失点と粘投)最後はコースを考えず、思い切り腕を振った。次も挑戦者の気持ちを持ち、全力でぶつかる。

 ▽2回戦(佐賀ブルースタジアム)

致遠館000 003 000 3

神 埼000 001 001 2

▽二塁打 野口(致)中牟田(神)

致遠館3―2神埼

  致遠館打安点

(8) 後 藤300

(4) 毛 利510

(6) 江頭直530

(5) 宮 地410

(1) 江頭悠410

(9) 野 口322

(7) 江頭慶310

7 山 崎100

(2) 西 岡200

(3) 酒 見311

   計 33103

 振球犠盗失併残

 4332209

  神 埼打安点

(3) 倉 崎410

(6) 古 澤210

H 緒 方100

6 園 田000

H 原 田110

(4) 中牟田311

(2) 成 富500

(7) 諸 永500

(9) 片 江421

(8) 福 岡400

(5) 福 川210

H5松 田210

(1) 中 尾210

1 川 崎210

   計 37102

 振球犠盗失併残

 53110012

投 手回 安振球

江頭悠9 1053

中 尾6 943

川 崎3 100

このエントリーをはてなブックマークに追加