各地で発見が相次ぐ南米原産の強毒アリ「ヒアリ」対策について、環境省や国土交通省などの担当者は11日、会議を開き、生息している中国やオーストラリアなどから定期的にコンテナ船が到着する全国の68港に、計数万~数十万個の毒入りの餌を設置すると決めた。

 環境省が7月中に各港の港湾管理者に配布する。1港当たり千個以上となる予定。

 これまで東京、名古屋、大阪、神戸の各港で発見され、輸入コンテナに付着する形で侵入したとみられている。新潟県長岡市の事業所では、船便で届いた段ボール箱から数十匹のアリが見つかったものの、環境省が確認した結果、ヒアリではないことが11日、判明した。

 会議は2回目。農林水産、厚生労働、文部科学、財務の各省と総務省消防庁も出席した。国交省はヒアリが生息する傾向にある港湾地域のアスファルトの割れ目を埋める方法などを検討している。文科省は各学校への注意喚起を予定。消防庁は刺された場合の対応を各消防本部に周知した。

 環境省や各地方環境事務所には「ヒアリではないか」という問い合わせが相次いでいる。このため環境省は、各都道府県と政令指定都市に、ヒアリかどうかを見分ける簡易な方法を伝える予定。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加