九州北部の豪雨でJR久大線の鉄橋が流失した現場を視察する安倍首相(中央)一行=12日午前、大分県日田市

 安倍晋三首相は12日午前、九州北部の豪雨の被害を確認するため、自衛隊機で大分県入りした。日田市役所で広瀬勝貞知事らと面会。「豪雨や土砂災害の現場を目の当たりにし、被害の大きさを再確認した」と伝え、被災者の生活支援に努める考えを表明した。広瀬氏から被災地の現状の説明を受け、緊急要望書も受け取った。

 豪雨後、首相による被災地視察は初めて。午後には福岡県入りし東峰村を視察。朝倉市も訪れる。

 これに先立ち大分県日田市内で、JR久大線の鉄橋が流失した現場を訪問。JR九州の青柳俊彦社長らが状況を説明し、復旧に向けて国の協力を要請すると、首相は「ぜひ応えたい」と前向きな姿勢を示した。避難所では被災者に声を掛け、体調を気遣った。

 首相は11日、被害拡大を受け、欧州訪問日程を繰り上げ、帰国した。自ら被災現場を確認し、政府として早期復旧に取り組む考えだ。政府は激甚災害指定を急ぐ方針だ。

 首相は豪雨に関する11日の関係閣僚会議で、安否不明者の捜索活動や、被災者の一日も早い生活再建に全力を挙げる考えを示した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加