今月28日から嬉野市でスタートする第17回うれしのあったかまつり「宵の美術館」に向けて、嬉野中美術部が巨大な絵を制作した。今まで経験のない巨大アートに十数人の部員たちは「達成感が得られた」と満足。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加