九州北部の豪雨の被災地視察を終え、記者の質問に答える安倍首相。左端は高市総務相=12日午後、福岡県朝倉市役所

 安倍晋三首相は12日午後、九州北部の豪雨で被害に遭った福岡県東峰村と朝倉市を訪れた。視察後、朝倉市で記者団の質問に答え「激甚災害の指定を一刻も早く行いたい」と述べ、指定を急ぐ考えを明言した。

 激甚災害に指定すれば、道路などインフラの復旧事業に対する国の補助率がかさ上げされ、被災自治体への財政支援につながる。

 首相は、被災自治体のため地方交付税の繰り上げ配分を13日に決定する方針にも言及した。災害応急対策に支障がないよう前倒しする。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加