笑顔でステップを踏む、ゆめさが大学佐賀校同窓生ら=佐賀市のメートプラザ佐賀

 高齢者の学習と交流の場「ゆめさが大学」の佐賀校同窓会(松岡傳(つとう)会長)によるダンスパーティーが14日、佐賀市のメートプラザ佐賀であった。華やかに着飾った同大卒業生が楽しそうに軽やかにステップを踏んだ。

 同窓会の交流を深める恒例のダンスパーティーで今回が6回目。60代から80代の約百人が参加した。県社交ダンス協会会長で同大OBでもある吉富稔さん(77)の指導で、マンボやルンバのリズムに乗ったステップやターンの指導もあった。

 参加者は、はじめはぎこちなかったが徐々に慣れ、ペアを代えながら笑顔で体を動かしていた。松岡会長は、ダンスホールが各地にあった青春時代を思い返しながら、「音楽に乗って体を動かすことで、楽しみながら健康維持もできる」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加