支持者の前でガンバロー三唱をする候補者=小城市小城町

 任期満了に伴う小城市長選は19日告示され、いずれも無所属で、新人で文化団体代表の藤田直子氏(64)=三日月町=と現職の江里口秀次氏(64)=小城町=が立候補し、2013年に続き、一騎打ちの選挙戦となった。中心街活性化や、“塩漬け”状態となった運動公園元計画地の対策、人口減少問題などについて論戦を交わす。投開票は26日。

 藤田氏は同市三日月町久米の事務所で、支援者数十人と出陣式を開き、「市民の声が反映される市政に変える。一緒に改革しよう」と強調した。

 江里口氏は、小城公園近くの岡山神社で第一声を上げた。本庁方式の導入など3期目までの実績を上げ、「もう一度、市政の場に立たせてほしい」と訴えた。

 期日前投票は20~25日の午前8時半から午後8時まで、市役所など4カ所で。投票は26日午前7時から午後8時まで、市内12カ所で行われる。選挙人名簿登録者数は3万7496人(男1万7515人、女1万9981人)=18日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加