受賞作品と記念撮影に収まる入賞者ら=唐津港湾合同庁舎

 「未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクール」の表彰式が15日、唐津港湾合同庁舎であった。唐津市と伊万里市、玄海町の小中学校から、海の美しさを描いた作品113点の応募があった。浜崎小6年の吉原界(かい)さん(12)=写真(右から4人目)=が最高賞の第七管区海上保安本部長賞を受賞するなど8人が入賞した。

 吉原さんの作品は、クラゲやイカが泳ぐ海中の中央に、大きく口を開けたアラカブを描いた。口の中には、男の子とイルカが楽しそうに泳ぐ景色が広がっている。吉原さんは「未来の海がきれいになって、人と魚が共存していけるようにと描いた」と話した。

 入賞作品は17日から27日まで、唐津市近代図書館で展示する。

 入賞者は次の通り。(敬称略)

 ▽第七管区海上保安本部長賞 吉原界(浜崎小6)▽海上保安協会門司地方本部賞 有尾由楽(鏡中1)▽唐津海上保安部長賞 有尾悠(鏡中2)、櫻井雛乃(浜崎小6)、高添碧(厳木小2)▽海上保安協会唐津支部長賞 大熊なるこ(唐津東中2)、古川瑞規(西唐津小4)、北川葵(浜崎小1)

このエントリーをはてなブックマークに追加