九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、佐賀県の山口祥義知事は16日の定例会見で、国に対し新エネルギー基本計画や核燃料サイクル政策について説明責任を果たすよう求める考えを示した。原子力規制委員会に対しても、県民に審査の内容を説明するよう求める。

 審査書の正式決定は18日になる見通しで、山口知事は再稼働に関し「国が責任を持ってやっていただくこと」と強調した。前提条件で国に求める項目を整理しているとし、再稼働を明記している新エネルギー基本計画や、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉で先行きが不透明になっている核燃料サイクル政策を挙げ「皆さん心配されているので再確認していく」と述べた。

 先行県では経済産業相の現地視察などが行われており「他県がやってきたことは整理して求める方向になると思う」と語った。

 県民に対する説明の内容では、今後の状況を見ながら判断し、「最低限、規制委がどういう考えで(審査合格を)判断したのかが大事」と指摘し、専門部会などの場を通じて説明を求める考えを示した。

 県が設置した広く意見を聴く委員会や専門部会に関しては「多くの方に自由に意見を言ってもらうことが重要で、その都度担当課に調べさせて判断に生かしている」と設置の意義を強調した。疑問の声が上がっている意見の反映のさせ方に対しては「総じて言えば反映させたいが、個々の意見全部がその通りになることはあり得ない」と理解を求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加