基山町が移住促進事業の一環で実施中の、「基山!(ワンダー)発見PROJECT」をPRする職員=基山町役場

基山の魅力を発見するプロジェクトの特設ウェブサイト

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用した「基山!(ワンダー)発見PROJECT」を基山町が実施している。参加者は、まだ知られていない町の魅力を掘り起こし、ツイッターやインスタグラムに写真を投稿。内容は特設ウェブサイトに集約し、町のPRに役立てる。優秀者には町の特産品などが贈られる。2月28日まで。

 国の地方創生の補助金を活用した定住促進事業の一環。参加方法は基山の魅力を捉えた写真をハッシュタグ「♯基山のワンダー」を付けて投稿するだけ。1日から実施しており、特設ウェブサイト(http://kiyamawonder.info/)には13日までに大型鳥エミューや基山(きざん)からの眺望など100件を超える投稿があった。

 投稿写真は厳正に審査してグランプリや優秀作を決め、町内で使える10万円分の商品券やエミューキーマカレーとエミューの羽根ストラップなどを贈る。担当するまちづくり課は「日常の何気ない風景の投稿が多い。行政では気づきにくいが、実はそういう所に魅力が隠れているということ。多様な視点を定住、移住に生かしていきたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加