リボッリータ

=POINT=

■硬くなったパンを再利用したボリュームスープ

【材料】(5人分)

タマネギ・・・・・・・・・・・100g

ニンジン・・・・・・・・・・・50g

セロリ・・・・・・・・・・・・50g

ニンニク・・・・・・・・・・1/2片

パンチェッタ・・・・・・・・・12g

トマト・・・・・・・・・・・・50g

白インゲン豆(乾燥)・・・・・50g

野菜のブロード or 水・・・・750cc

E.V.オリーブオイル・・・・・40cc

黒キャベツ・・・・・・・・・150g

※普通のキャベツでも可

塩こしょう・・・・・・・・・適量

フランスパン・・・・・・・・1/4本

※もしくはその他シンプルな味のパン

=HOW TO=

・タマネギ、ニンジン、セロリ、ニンニク、パンチェッタはみじん切りに、トマトは薄切り、黒キャベツはざく切りにする。

・白インゲン豆は一晩水につけて戻しておく(缶詰を使う場合はそのままで可)

・パンは表面の皮を取り除いて水につけておく

(1)鍋にE.V.オリーブオイルとタマネギを入れ、透明感が出るまで炒める。ニンニクを加えてさらに炒め、色が付く前にパンチェッタとニンジン、セロリを加えて炒める。

(2)(1)にトマトを加えて全体を混ぜ合わせ、水気を切った白インゲン豆と野菜のブロードを加え、1時間ほど煮込む。

(3)(2)から白インゲン豆を1/2カップ分取り出し、ミキサーでピューレにして鍋に戻す。

(4)黒キャベツを入れて柔らかくなるまで煮込み、水気を絞ったパンを加え、塩こしょうで味を調える。

(5)(4)を皿に盛り付け、E.V.オリーブオイル(分量外)をかける。

=POINT=

硬くなったパンは、表面を取り除いて水でふやかします。十分に水を吸ったら、絞ってスープに加えましょう。パンはなるべくシンプルな味のものを。食パンは甘みがあるので適しません。

=MEMO= “パンを使ったレシピ”

パンのサラダ、パンのおかゆなど、パンを使ったレシピはイタリアではポピュラーなもの。硬くなったパンを再利用できるうえ、ボリュームが出て食べ応えも抜群。リボッリータは、パンを入れる前の状態であれば冷蔵庫で1週間程度保存可能。食べる直前にパンを加えてあたためて。良質なオイルを使うのがおいしさのポイント。

=RESTAURANT DATA=

富永 茂樹 さん

「IL SORRISO」オーナーシェフ、佐賀女子短期大学非常勤講師、日本イタリア料理協会会員

IL SORRISO (イル ソリッソ)

住 所 佐賀市中央本町2-22 ツースリービル3F

電 話 0952-23-7790

営 業 11:30-13:30L.O. 18:00-21:00L.O. ※ランチは木金土日のみ

定休日 不定

その他 お昼のミニコース1500円、ディナーコース5000円?(要予約)

このエントリーをはてなブックマークに追加