母校・鍋島中学校の校庭でミュージックビデオの撮影に臨むはなわさん=佐賀市

ミュージックビデオに出演した玄海町在住の中島ももさん

 佐賀市出身のお笑い芸人はなわさんが20日、ファンを問わず多くの反響を呼んでいる新曲「お義父(とう)さん」を引っ提げて、県内の大型ショッピングセンターで凱旋(がいせん)ライブに臨む。故郷で撮影したミュージックビデオ(MV)の短縮版もインターネットで公開されており、佐賀新聞のウェブサイトでもMV撮影の様子を配信している。

 ニューシングル「お義父さん」は、妻の智子さんが幼いころに家を出て行った義父への思いと、母として家庭を支える智子さんへの感謝をつづった曲。3月にユーチューブで公開されたライブ映像の再生回数は合計110万回を超えるなど大きな話題になり、CD化が決まった。

 凱旋ライブは20日、佐賀市のイオン佐賀大和店で正午、15時からの2回開かれる。CDの購入予約をした人にははなわさんとの握手・記念撮影会、サイン入り色紙のプレゼントもある。6月4日にも同店で発売記念イベントを開く。

 MVは4月中旬、佐賀市内で撮影された。このうち母校の鍋島中学校は、はなわさんと智子さんが出会った思い出の場所。いつか母校を舞台にしたいと思っていたというはなわさんは「実現できて夢のよう。一人で感動、興奮しちゃいました」と感慨深げに語った。

 佐賀ゆかりのキャストで固めたいというはなわさんの意向もあり、曲のイメージを象徴する少女役には玄海町在住で福岡市の芸能事務所に所属する中島ももさん(14)を起用。中島さんは「曲を聴きながらはなわさんと智子さんの思いを私なりにくみ取って撮影に臨んだ」と振り返り、「歌詞と映像との重なり方がバッチリで、ビデオで何度も確認していたのに、初めて見たような感覚でした」と出来栄えに自信をのぞかせる。

 「お義父さん」は24日に発売。タイプA~Cまでの3種類で、CDのみは1204円、DVD付きは1667円(いずれも税抜き)。

このエントリーをはてなブックマークに追加