日本郵便は22日、来年6月1日から、はがきの郵便料金を52円から62円に値上げすると発表した。2014年4月の消費税増税に伴う値上げ以来、約3年ぶり。消費税以外の理由による価格改定は1994年1月以来、約23年ぶりとなる。人件費の上昇が主な要因で、値上げにより収益低迷が続く郵便事業の立て直しを急ぐ。

 市販のはがき用に62円切手を来年5月に発行する。往復はがきは104円から124円に引き上げる。まとめて集配できる年賀状は黒字のため、12月15日から翌年1月7日に投函(とうかん)された場合に限り52円に据え置く。

 日本郵便は22日、値上げを総務相に届け出た。19年10月に消費税率が10%に増税された場合には再値上げする方針だ。

 はがきは配達数の減少傾向が続いており、15年度の営業損益は294億円の赤字だった。値上げをしないと17年度には郵便事業全体が営業赤字となる見込みだった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加