佐賀県警は17日、路面凍結によるスリップが原因とみられる交通事故が午後5時時点で計112件発生したと発表した。計16人が負傷したが、いずれも命に別条はない。

 佐賀地方気象台によると、16日午後9時までの1時間で唐津市や鳥栖市などで1・5ミリ程度の雨量を観測。17日午後5時までの県内の最低気温は、嬉野市で午前7時14分に観測された氷点下2・4度だった。

 気象台の担当者は「雨量は多くないが、未明から朝方にかけて冷え込み、路面が凍結した」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加