佐賀発地域ドラマ「ガタの国から」の出演者たち=鹿島市七浦海浜スポーツ公園体育館

ドラマ完成を記念したトークショーで、撮影の様子を振り返る上白石萌音さん(左)とティティ・マハーヨーターラックさん(左から2人目)=鹿島市生涯学習センター「エイブル」

 嬉野と鹿島市を舞台にしたNHK佐賀放送局の地域ドラマ「ガタの国から」が14日19時半から、NHK総合で放送される。佐賀の女子高生とタイの人気俳優との心の交流を描き、爽快感のある青春ドラマに仕上がっている。

 ドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」などを手掛けた八津弘幸さんが脚本を務めた。主演は、映画「君の名は。」でヒロインの声優を務めた鹿児島県出身の女優・上白石萌音(もね)さん。撮影後のインタビューでは「人と人とのつながりの大切さが伝わる作品」と、ドラマの魅力を語っている。

 タイの人気俳優役は、同国で注目を集めるティティ・マハーヨーターラックさん。佐賀市出身の俳優・青柳尊哉(たかや)さんのほか、甲本雅裕さん、哀川翔さんも出演している。全国放送は19日22時からで、BSプレミアムで放映される。

このエントリーをはてなブックマークに追加