福岡、大分両県を襲った九州北部の豪雨から12日、1週間となった。土砂崩れや河川の氾濫で被災した家屋は約690棟を数え、さらに被害が拡大する恐れがある。全ての孤立地区が同日解消されたが、約1300人が避難を続けており、被災自治体は住民の住まい確保の取り組みを進めるとともに、生活再建に向けた復旧作業を急ぐ。

 福岡県警によると、朝倉市内で12日、新たに4人が心肺停止の状態で見つかり、全員の死亡が確認された。豪雨の死者は計29人。9日に東峰村で見つかった遺体の身元は熊谷みな子さん(66)と判明した。約20人と依然連絡が取れず、自衛隊などが態勢を強化して捜索を続けた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加