DeNAのラミレス監督は12日、ドラフト1位新人の濵口遥大投手(22)が左肩に違和感を訴えたため、オールスターゲーム出場を辞退することを明らかにした。濵口はこの日、マツダスタジアムでの広島戦に先発し、3回2失点で降板した。

 ラミレス監督は「試合序盤から腕の振りが弱い感じがしていた。出場選手登録を抹消して医師に診てもらう。球宴も辞退する」と話した。濵口は「ひどい状態ではない。しっかり腕を振れなかった」と話した。

 濵口は三養基高から神奈川大を経て入団。開幕から先発ローテーションを担い、14試合で6勝4敗、防御率3・27。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加