2回戦・太良-唐津商 1回裏唐津商1死一、三塁、7番山下大貴の内野安打で三走善良太郎が生還し、4-0とする=佐賀ブルースタジアム

 唐津商が投打に圧倒し、太良を五回コールドで破った。

 唐津商は初回、先頭の岡本晃の四球を足掛かりに打者一巡の猛攻。5安打4盗塁を集めて一挙8点を挙げた。先発田口は力のある直球を低めに集めて4回を1安打に抑え、五回に救援した山浦も3三振を奪う快投を見せた。

 太良は三回に7番南里、五回に8番三ケ島がそれぞれ安打を放ったが、後続を断たれた。

 太良・南里和輝(三回にチーム初安打)思い切り振ることだけを考えていた。負けて悔しいけど、少し落ち着いたら部活に顔を出して後輩の練習を手伝いたい。

 ▽2回戦(佐賀ブルースタジアム)

太 良000 00 0

唐津商801 2× 11

   (五回コールド)

▽三塁打 前田(唐)▽二塁打 山口(唐)

唐津商11―0太良

  太良 打安点

(6) 副島 100

(4) 西村 200

(2)1佐藤 200

(3) 山口 200

(8) 永渕 200

(5)2川下 200

(9) 南里 110

9 重松 100

(7) 三ヶ島210

(1)5上野 200

   計 1720

 振球犠盗失併残

 13101213

  唐津商打安点

(8) 岡本晃111

(4) 山口 312

(1)5田口 321

(6) 土井 100

(7)  善 210

H 前田 111

R7岡本史000

(2) 通山 211

(9) 山下 322

(3) 坂本弦100

(5) 藤田 100

H 坂本将100

1 山浦 000

   計 1998

 振球犠盗失併残

 2626004

投 手回 安振球

上野1/3 302

佐藤 32/3624

田口 4 1101

山浦 1 130

このエントリーをはてなブックマークに追加