2回戦・鳥栖-北陵 3回表2死満塁のピンチで声を掛け合う北陵の吉武尚人(右)と陣内愛也=みどりの森県営球場

 鳥栖は左サイドの主戦亀川が北陵打線を4安打に抑える好投。中盤までに2点を奪い完封勝ちした。

 鳥栖は二回、4番松石が中前打を放ち出塁すると、7番石丸の左前打などで1点を先制。六回は、1死二塁から5番高島の左翼線二塁打で二走内田が生還し、さらに1点を加えた。

 北陵は吉武尚、中尾、中島と継投し、2失点でしのいだが、打線がつながらず、流れを引き寄せられなかった。

■鳥栖・亀川に打線沈黙

 1、2年生の3投手を次々と送り込んだ北陵は、強打の鳥栖打線を2点に抑えたものの、攻撃が機能せず、悔しい完封負けを喫した。吉丸信監督は「1点取れていれば、流れは変えることができた」と悔し涙を浮かべる一方、合計9安打を浴びながらも踏ん張った投手陣には合格点を与えた。

 先発の2年吉武尚人は6回を担い2点を失ったが、2度の満塁のピンチを封じ、追加点を許さなかった。継投した中尾は七回2死二、三塁の場面を踏ん張り、九回途中から投げた中島もしっかり持ち味を発揮した。

 下級生投手を献身的にリードした捕手の陣内愛也は「悔いの残らないように練習から意識を変えて頑張ってほしい」。後輩たちにエールを送った。

 鳥栖・小柳諒真(六回裏二、三塁のピンチで左翼線の飛球をダイビングで好捕)集中して反応できた。捕れてうれしい。次は打撃で貢献する。

 ▽2回戦(みどりの森県営球場)

鳥栖010 001 000 2

北陵000 000 000 0

▽二塁打 内田、高島(鳥)

鳥栖2―0北陵

  鳥 栖打安点

(6) 藤永 520

(7) 小柳 400

(9) 内田 420

(8) 松石 320

(5) 高島 211

R 中島維000

5 實松 200

(3) 中村 210

(2) 石丸 211

(1) 亀川 300

(4) 北崎 400

   計 3192

 振球犠盗失併残

 26420012

  北 陵打安点

(8) 深川 410

(4) 小玉 400

(9) 幸山 420

(3) 實松 400

(7) 小山 200

R7小川 000

H 横田 100

(6) 高森 410

(2) 陣内 200

(5) 牟田 200

H5右近 100

(1) 吉武尚100

1 中尾 100

1 中島 000

   計 3040

 振球犠盗失併残

 7210006

投 手回 安振球

亀川 9 472

吉武尚6 505

中尾 20/3410

中島 1 011

このエントリーをはてなブックマークに追加