2回戦・伊万里農林-多久 9回裏にサヨナラのホームを踏み、仲間に迎えられる多久の大坪俊介(左)=佐賀ブルースタジアム

 勢いに乗る多久が伊万里農林にサヨナラ勝ちした。

 多久は二回、2死から8番中園の三塁打と相手失策で1点を先制。2-2で迎えた九回は、1死から1番大坪が四球を選び、すかさず盗塁。1人倒れて2死二塁となったが、3番田代の内野ゴロが相手の失策を誘い、大坪がサヨナラのホームを踏んだ。先発皆良田樹は我慢の投球。相手打線を7安打2失点に抑えた。

 伊万里農林は二度追いつく粘りを見せたが、八回の逆転機にあと1本が出なかった。

■二走・大坪、失策突く好走塁

 最終回のワンチャンスを逃さなかった。初戦を快勝し波に乗る多久が、NHK杯準優勝の伊万里農林に今大会初となるサヨナラ勝ち。勢いそのままに難敵を破った。

 2-2で迎えた九回2死二塁。3番田代典の詰まった打球が相手三塁手の前に転がると、二走大坪俊介は「足でプレッシャーをかければ、何か起こるかもしれない」と全力疾走。その重圧が影響したのか、一塁への送球がわずかにそれたのを確認すると、そのままのスピードで三塁を蹴り、サヨナラのホームを駆け抜けた。

 「練習で何度も繰り返したプレー。うまくやれた」。チーム屈指の俊足が誇らしげに胸を張った。

 真っ赤なメガホンを手に選手を鼓舞し続けた安部泰生監督は「今のチームには勢いがある」と納得の表情。田代主将は第4シードの佐賀学園とぶつかる3回戦へ向け、「戦力は相手が上だが、やってみないとわからない」。守備の約束事など細かい部分をもう一度確認し、「全力でぶつかる」と意気込んだ。

 ▽2回戦(佐賀ブルースタジアム)

伊万里農林001 000 010  2

多久   010 010 001x 3

▽三塁打 大坪、中園(多)▽二塁打 山口翔2、西山(伊)大坪、古賀(多)

多久3―2伊万里農林

伊万里農林打安点

(8) 比留木300

(7) 古賀 310

(3) 山口翔421

(1) 西山 520

(9) 岩崎滉310

(5) 丸田 410

(2) 藤原 200

(4) 副島 200

4 八坂 100

(6) 古場 301

   計 3072

 振球犠盗失併残

 410314114

  多 久打安点

(8) 大坪 320

(5) 七浦 400

(2) 田代 510

(7) 皆良田陵

     321

(1) 皆良田樹

     400

(3) 鶴田大410

(4) 山崎 300

(9) 中園 310

(6) 古賀 410

   計 3381

 振球犠盗失併残

 33310110

投 手回 安振球

西 山82/3833

皆良田樹

   9 7410

このエントリーをはてなブックマークに追加