健康に関する悩みを専門家がアドバイスする健康ほっとセミナー(佐賀新聞社主催、ヨネザワ共催)が12日、佐賀市のヨネザワ佐賀本店であった。県医療センター好生館の小根森智子栄養管理長が、「元気の源、食事を見直そう」をテーマに講演した。

 食事の栄養バランスの取り方や健康に良い調理の工夫を紹介。小根森さんは「さまざまな野菜から栄養素を取ることが大切。錠剤で必要な栄養素だけ摂取しても健康に効果があるわけではない」と語り、食事で他の栄養素とともに取り入れることの意味を説明した。

 また高血圧や胃がんの原因となる塩分の取り過ぎにも注意を促し、「レモンや酢で酸味を生かしたり、香りの良い薬味を使って、おいしく減塩してみて」とアドバイスした。

 参加した園田孝子さん(65)は「塩でなく、だしや薬味を使う方法が参考になった。減塩は心掛けているので続けていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加