九州電力玄海原発3号機(手前)と4号機=東松浦郡玄海町

 原子力規制委員会は18日の定例会合で、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県東松浦郡玄海町)が再稼働の前提となる新規制基準に適合していると認めた「審査書」を正式決定した。

 東京電力福島第1原発事故を教訓として施行された新基準に基づく合格は、再稼働した九電川内1、2号機(鹿児島県)や四国電力伊方3号機(愛媛県)などに続き6例目となる。

 再稼働には今後、各施設の詳細設計に関する「工事計画」や運用管理体制を定めた「保安規定」の審査、認可手続きが残っているほか、地元同意が必要で、再稼働した原発はいずれも審査合格から1年程度かかっている。

 玄海原発は1975年10月から97年7月までに全4基が営業運転を開始した。3号機は09年12月、プルトニウム・ウラン混合化合物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電を国内で初めて実施。九電は13年7月12日、川内原発より4日遅れで玄海3、4号機の審査を申請した。1号機は15年3月に廃炉を決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加