JA佐賀県女性組織協議会(家永美子会長)の活動発表で、JAからつの阿部智恵子さん=写真=が最優秀賞に選ばれた。草切りなどの共同作業を行うグループの設立や、スタンプカードの導入などで女性組織の活性化を図る取り組みが評価された。

 阿部さんは、30年前に同世代の農家に声を掛け、野菜作りや草切りを行うグループを立ち上げた経験を語り、「根気強く仲間を増やしてきた経験が、JA女性部本部役員としての活動の原点」と振り返った。

 スタンプカードは会議や支所活動に参加してポイントをため、Aコープの商品券と交換できる仕組みで、JAからつ女性部が2年前から取り組む。当初は消極的な意見もあったが、「行事に参加する楽しみが増えた」との声も増え、「活動参加のきっかけ作りに役立っている」と語った。

 活動発表は12日に佐賀市であり、各地区の女性部員4人が独自の取り組みを発表した。阿部さんは県代表として7月に県内で開かれるJA九州地区女性組織リーダー学習会で発表する。

このエントリーをはてなブックマークに追加