農業機械の取り扱いを学ぶ女子生徒たち=杵島郡白石町の佐賀農業高

 女性農業者を対象にした農業機械の講習会が16日、杵島郡白石町の佐賀農業高などで開かれた。同校の女子生徒10人を含む23人が、トラクターや耕運機の機能や安全な使い方を学んだ。

 農業機械専業メーカーが全国で展開する「夢ある農業女子応援プロジェクト」の一環。県内の女性農業者グループ「さが農業女子カチカチ農楽(のら)が~る」と協力して県内で初めて開いた。

 参加者は、機械の基本操作やメンテナンス講習を受けた後、同校のほ場で実習に臨み、小型トラクターや耕運機の操作を体験した。

 初めて耕運機を動かしたという同校2年の江里口楽さんは「旋回する時に力を使うので難しかったが、教えてもらう機会があって良かった」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加