「契山ものがたり」を手にする井上克哉教育学習課長=基山町教育委員会

 基山町文化遺産活用推進委員会は、同町北西部の契山(ちぎりやま)(標高408メートル)にまつわる伝説を絵本形式の「契山ものがたり」にまとめ、このほど刊行した。

 推進委では文化遺産を活かした地域活性化事業の一環として、これまで「基肄城のヒミツ」「荒穂の神様と御神幸祭」の漫画本2巻を発行した。今回は、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と木花咲耶(このばなさくや)姫が夫婦の契を交わしたという契山伝説を絵本化した。

 井上克哉町教育学習課長は「冊子などを通して基山町の文化財を分かりやすく伝えていきたい」と話す。

 冊子はA5版、30ページ。希望者には町教育委員会と町立図書館で無料で配布している。問い合わせは教育学習課ふるさと歴史係、電話0942(92)2200。(地域リポーター・久保山正和=基山町)

このエントリーをはてなブックマークに追加