バスケットボールの全国高校選抜優勝大会は23日、東京体育館で開幕、1回戦が行われた。県勢は男子の佐賀東が四日市工(三重)に52-71で、女子の清和が山形商に48-76で敗れた。

 佐賀東は坂本、内場らの得点で第1クオーターを17-17で終えたが、第2クオーターに突き放された。清和は序盤から守勢に回り、第3クオーター以降に松本の3点シュートなどで追いあげたが届かなかった。

 男子で4連覇が懸かっていた明成(宮城)が尽誠学園(香川)に68-81で敗退。女子昨年3位の昭和学院(千葉)は富岡東(徳島)に72-52で快勝した。高校総体、国体と合わせ3冠を目指す桜花学園(愛知)や前回優勝の岐阜女は、24日の2回戦から登場する。

 ▽男子1回戦

四日市工 71 17-17 52 佐賀東

(三 重)   26-12

        20-13

        8 -10

 ▽女子1回戦

山形商  76 23-10 48 清和

        19-4

        18-21

        16-13

このエントリーをはてなブックマークに追加