大型クレーン車を運転中にスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をし、ミニバイクの女性をはねて死なせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪に問われた契約社員の被告(48)に京都地裁は17日、禁錮1年6月、執行猶予5年(求刑禁錮1年6月)の判決を言い渡した。

 奥山雅哉裁判官は「過失は重大で危険性は高い。ポケモンGOに起因する死亡事故が発生したことも認識していた」と指摘。一方で「反省して謝罪の意思を示し、二度と運転しないと誓っている」と述べ、執行猶予が相当とした。

 判決によると、昨年9月12日午後6時15分ごろ、京都府長岡京市でクレーン車を運転中、信号待ちでポケモンGOを操作し、安全確認が不十分なまま発進、前方に止まっていた女性=当時(39)=のミニバイクに衝突して死なせた。

 弁護側は「停車時のみ操作し、移動中はしていない」として執行猶予を求めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加