観光庁は17日、2016年に日本を訪れた外国人旅行者の消費額が推計で前年比7・8%増の3兆7476億円となり、過去最高を更新したと発表した。訪日客数が21・8%増の2403万9千人と最多になったが、1人当たりの消費額は11・5%減少。総額の伸びは15年の71・5%から急激に縮小し、中国人らの「爆買い」が沈静化した。

 政府は20年に訪日客を年間4千万人、消費額を8兆円に引き上げる目標を掲げるが、東京、京都、大阪などの「ゴールデンルート」は宿泊施設の不足が深刻な状況だ。今後は自然や文化財といった観光資源が豊富な地方への誘客を強化することも課題となる。

 観光庁の田村明比古長官は記者会見で「観光施策を着実にやっていけば目標の達成は不可能ではない」と指摘。地域の資源を活用し、旅行者の滞在期間を延ばす対策が必要と話した。

 16年の消費額を国・地域別に見ると、中国が最も多く1兆4754億円。台湾が5245億円、韓国が3578億円と続いた。費目別では宿泊費が1兆140億円、飲食費は7574億円でともに増え、滞在中に日本の文化などを楽しむ体験型観光が人気を集めている現状を映し出した。

 一方、夏場の円高や中国の景気減速などを背景に、高級ブランド品や家電製品の売れ行きが落ち込み、買い物代は1兆4261億円と278億円減った。

 1人当たりの消費額は約2万円減って15万5896円となった。帰国時の持ち込み品の関税が引き上げられたことも影響して中国人の落ち込みが目立った。

 この日は訪日客の内訳も発表され、首位の中国が27・6%増の637万3千人、韓国は509万人、台湾は416万7千人でアジアが上位を占めた。政府が力を入れる米国やオーストラリアもそれぞれ20%程度伸びた。

 クルーズ船によるツアーは引き続き人気で、78・5%増の199万2千人が日本を訪れた。寄港回数は博多港が328回でトップを守り、197回の長崎港、193回の那覇港が続いた。【共同】

=ズーム=

 ■訪日外国人旅行者の消費額 日本を訪れる外国人のお金の使い方を観光庁が推計している。四半期ごとに、出国する約1万人を対象として、羽田、成田など15空港と博多など3港で聞き取る。国籍に加え、宿泊費、飲食費、バスやタクシーなどの交通費、買い物代、美術館やスキーなどの娯楽サービス代を尋ねる。滞在日数や訪問地、満足度などもアンケートしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加