サッカー・J1サガン鳥栖は19日、サガン鳥栖U-18に所属しているDF倉員宏人(17)、DF藤松航矢(17)、MF森山真伍(17)の3選手をトップチーム登録(2種登録)したと発表した。立場はアマチュアのままで、Jリーグの公式戦出場が可能になる。

 倉員は5月中旬にトップチームの練習に参加。藤松は世代別の代表経験があり、昨年に続いて2種登録された。森山はU-18が参戦中のプリンスリーグで3得点を挙げている。選手はクラブを通じ、「チャンスをつかめるように全力で頑張っていく」などとコメントしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加