5~8位決定トーナメント1回戦・トヨタ紡織九州レッドトルネード-琉球コラソン 公式戦初出場で好セーブを見せ、ベンチの祝福を受けるGK小峰大知(左)=福井県の北陸電力福井体育館フレア

 ハンドボールの高松宮記念杯第7回全日本社会人選手権大会第3日は19日、福井県の北陸電力福井体育館フレアなどであり、男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、5~8位決定トーナメント1回戦で琉球コラソン(沖縄県)を28-24で破り、5、6位決定戦に進んだ。

 トヨタ紡織九州は前半、PV酒井翔一朗の3連続得点などで先行。CB金東〓(キム・ドンチョル)も連続得点を決め、14-12で折り返した。

 後半も攻め手を緩めず、LB田中大斗のスカイプレーなどでリードを広げた。後半終了2分前には、前日負傷したLW梅本貴朗に代わってベンチ入りした新人のGK小峰大知(清和高出身)を投入。公式戦初出場となった小峰は好セーブでチームの勝利に貢献した。

 トヨタ紡織九州は20日、5、6位決定戦でトヨタ自動車東日本(宮城県)と戦う。

 ▽5~8位決定トーナメント1回戦

トヨタ紡織九州 28 14-12 24 琉球コラソン

レッドトルネード   14-12    (沖縄県)

※〓は吉の右に吉

このエントリーをはてなブックマークに追加