2回戦・武雄―鹿島 4回裏鹿島2死一、二塁、1番川島泰博が右翼線へ2点三塁打を放つ。捕手蒲地亮太=佐賀ブルースタジアム

 勝負どころの集中打が光った鹿島が武雄との接戦を制した。

 鹿島は四回、2死二、三塁から8番久島の内野安打で2点を先制。9番松尾良が内野安打で続き2死一、二塁とすると、1番川島が右翼線を破る走者一掃の適時三塁打を放ち、さらに2点を加えた。左腕福島は切れのある直球を武器に4安打3失点に抑えた。

 武雄は五回、2番松尾園の適時打などで1点差に迫ったが、その後は打線がつながらなかった。

鹿島・福島隆志(制球に苦しみながらも完投)これまでは自分の力不足で負けていたので、まずはチームの力になれてうれしい。

▽2回戦(佐賀ブルースタジアム)

武雄000 030 000 3

鹿島000 400 01× 5

▽三塁打 川島(鹿)

鹿島5―3武雄

  武 雄打安点

(7) 古 川410

H 橋 井000

(6) 松尾園411

H6近 藤000

H 梅 田100

(2) 蒲 地300

(3) 松尾竜410

(9) 岩 田310

R9宮 原000

(8) 山 口400

(5) 一ノ瀬300

(4) 吉 島100

4 藤 井000

H 小 林100

(1) 中 山100

1 古 場200

H 前 田100

   計 3241

 振球犠盗失併残

 7511118

  鹿 島打安点

(7) 松尾泰110

H7川 島322

7 荒 川000

(5) 江 藤400

(6) 深 村310

(8) 楠 久200

(1) 福 島300

(4) 江 口101

(2) 山 口400

(3) 久 島312

(9) 松尾良210

   計 2665

 振球犠盗失併残

 6620205

投 手回 安振球

中 山32/3524

古 場41/3142

福 島9 475

このエントリーをはてなブックマークに追加