2回戦・三養基―唐津西 5回表三養基2死、打球を好送球で右ゴロとし、グラブタッチで迎えられる唐津西の中山隆真右翼手(中央)=佐賀ブルースタジアム

 唐津西が三養基との投手戦を制し、完封勝ちした。

 唐津西は先発伊藤翔が三回までを打者9人で抑える完璧な立ち上がり。七回2死一、二塁のピンチも相手打者を三振に仕留め、九回まで無四死球の好投を続けた。打線は初回2死から3番吉田が内野ゴロで出塁。続く4番中山広が放った2点本塁打が決勝点となった。

 三養基は先発内田が粘投したが、打線が3安打と振るわなかった。

唐津西・中山広晴(大会第1号となる決勝の2点本塁打を放つ)打ったのはインコース高め。バットの芯ではなかったけど、体がうまく回った。4番の仕事ができてうれしい。

▽2回戦(佐賀ブルースタジアム)

三養基000 000 000 0

唐津西200 000 00× 2

▽本塁打 中山広(唐)

▽二塁打 堤(唐)

唐津西2―0三養基

  三養基打安点

(8) 古 賀400

(4) 青 木300

4 小 柳100

(9) 大 塚410

(5) 宮 崎410

(3) 田中雄310

(7) 澤 山300

(2)  南 300

(1) 内 田300

(6) 木 下300

   計 3130

 振球犠盗失併残

 8000004

  唐津西打安点

(8)  堤 310

(2) 中 村400

(6) 吉 田410

(3) 中山広312

(4) 恒 松210

(5) 坂 本300

(7) 伊藤光200

H 鴨 川100

7 川 添000

(9) 中山隆300

(1) 伊藤翔300

   計 2842

 振球犠盗失併残

 4203104

投 手回 安振球

内 田8 442

伊藤翔9 380

このエントリーをはてなブックマークに追加