2回戦・唐津東-杵島商 相手打線を1点に抑えた唐津東の先村郷=みどりの森県営球場

 唐津東が主戦先村の好投と堅い守りで杵島商に競り勝った。

 唐津東は一回、谷口と北島の連続安打などで二、三塁の好機をつくり、吉田晃の右前打で先制。六回は2死三塁から近藤克が右中間に二塁打を放ち、2点目を挙げた。先村は丁寧にコーナーを突いて4安打に抑え、守備陣も無失策でもり立てた。

 杵島商は早田が毎回走者を背負いながらも2失点に抑え、九回に森の本塁打で1点差に迫ったが一歩及ばなかった。

杵島商・森魁人(九回に左越え本塁打を放つ)「打ったのはストレート。狙っていたわけでなく、次につなげるつもりだった」

▽2回戦(みどりの森県営球場)

唐津東100 001 000 2

杵島商000 000 001 1

▽本塁打 森(杵)

▽二塁打 近藤克2(唐)

唐津東2―1杵島商

  唐津東打安点

(7) 大久保500

(5) 谷 口420

(9) 北 島320

(3) 脇 山410

(2) 吉田晃321

(8) 坂 本400

(6) 近藤克421

(1) 先 村200

(4) 吉田凱300

   計 3292

 振球犠盗失併残

 3140008

  杵島商打安点

(7) 井 手300

(9) 陣 内200

(1) 早 田400

(5)  森 411

(2)  堤 400

(8) 橋 本420

(6) 渕 上110

H 浦 川100

6 多々良000

(3) 竹 下100

H 池 松100

3 中 野000

(4) 永 尾200

   計 2741

 振球犠盗失併残

 1331205

投 手回 安振球

先 村9 413

早 田9 931

このエントリーをはてなブックマークに追加