2回戦・神埼清明-鳥栖商 1回裏鳥栖商1死満塁、5番山内斗輝が左前に同点打を放ち、一塁上で雄たけびを上げる=みどりの森県営球場

 鳥栖商が13安打13得点の猛攻で神埼清明に五回コールド勝ちした。

 鳥栖商は一回、3四球で満塁とし、山内、近藤の連打など打者一巡で5点を挙げた。二回も打者一巡で、4安打3四死球と手を緩めず5得点。四回は下位打線から攻勢をかけ、3点を奪ってダメを押した。

 神埼清明は一回1死二、三塁から野中龍が先制打を放ったが、打線がつながらなかった。

神埼清明・野中龍輝(初回に先制打を放つ)「思い切り振って、流れをつけようと思った。試合に出た2年生で新チームをまとめていってほしい」

■好投手攻略、13安打13得点

 鳥栖商打線の勢いが止まらない。好投手を擁する神埼清明から13得点を奪い、10-0と佐賀農を圧倒した1回戦に続きコールド勝ち。園田元紀監督は「冷静に流れをつかみ、チャンスで一気に畳み掛けてくれた」と、たくましさを増す選手たちに目を見張った。

 初回に1点を先制されたが、不安はなかった。制球に苦しむ相手投手に対し、球種を絞って安打を量産。ただ、相手にとっては打球が投手の脚に当たるアクシデントもあり、「あれがなければそんなに点差は開かなかった」と、流れをつかむ難しさも指摘した。

 3回戦は第3シードの佐賀商と対戦する。昨年初戦で敗れた相手だけに「試合が楽しみ。選手たちもそう思っているはず」と園田監督。山内斗輝主将は「今のチームで佐賀商には勝てていないが、自分たちの野球をやるだけ」と1年越しの雪辱に燃えていた。

▽2回戦(みどりの森県営球場)

神埼清明100 00  1

鳥栖商 550 3× 13(五回コールド)

▽二塁打 岩瀬(神)近藤、福成(鳥)

鳥栖商13―1神埼清明

 神埼清明打安点

(9)13三好永200

(8) 高 橋210

(5) 岩 瀬210

(6) 野中龍211

(3) 金 丸200

1 伊 東000

(7) 吉 田000

7  岡 220

(1) 大 江000

9 古 賀100

H 藤井陸110

(2) 野中丈200

(4) 田 代100

   計 1761

 振球犠盗失併残

 1100112

  鳥栖商打安点

(6) 赤 司100

(7) 井 樋312

(8) 大 木321

(4) 布 江331

(3) 山 内421

(2) 近 藤424

(5) 寺 田101

(9) 福 成322

(1) 田 中110

   計 231312

 振球犠盗失併残

 2821028

投 手回 安振球

大 江1/3 203

三好永3 1125

伊 東2/3 000

田 中5 611

このエントリーをはてなブックマークに追加