2回戦・龍谷-佐賀商 10回裏佐賀商1死二塁、9番済木龍輝が右中間へサヨナラ二塁打を放つ=みどりの森県営球場

 佐賀商が龍谷との接戦を制し、延長十回サヨナラ勝ちした。

 佐賀商は初回、1番山崎の中越え三塁打と上田の犠飛で1点を先取。二回は5番内田の右越え打などで1点を加えた。2-2で迎えた延長十回は、7番竹下が三塁強襲安打で出塁。犠打で二塁に送ると、9番済木が右中間へサヨナラ二塁打を放った。投手は吉末、木村と継投。11安打を浴びたが、バックが堅守でもり立て2失点にとどめた。

 龍谷は13残塁。三回に同点に追い付き、再三得点圏に走者を進めたが、あと1本が出なかった。

龍谷・池田敦哉(三回から登板)「三振は狙わず、低めにボールを集めた。気持ちで負けないつもりで投げた」

■劣勢、堅守で耐え抜く 10回、済木の二塁打で決着

 延長十回裏1死二塁。佐賀商を勝利に導いたのは、9番済木龍輝の一打だった。右方向を意識してフルスイングした打球は右中間を深々と破った。二走竹下柊が生還。こぶしを突き上げ、済木が一塁を駆け抜けると、チームに歓喜の輪が広がった。

 苦しい試合だった。二回までに2点を先取したが、相手エースが登板した三回以降は九回までわずか2安打。三塁を踏めなかった。一方、龍谷は三回に同点に追い付くと、その後、何度も得点機をつくった。

 そんな中、十回の攻撃は7番竹下が口火を切った。「気持ちで負けない。絶対出る」。低めの直球を鋭くたたくと、火の出るような三塁への当たりが強襲安打に。走者を即座に犠打で送り、済木のサヨナラ打が生まれた。

 龍谷は九、十回、先頭打者がいずれも二塁打で出塁したが、主戦木村颯太が踏ん張り、スクイズを阻止するなどして得点を許さなかった。

 「失策ゼロと練習の成果が出せたことが何よりうれしい」と森田剛史監督。守りのリズムが攻撃につながり、最後に実を結んだ。

▽2回戦(みどりの森県営球場)

龍谷 002 000 000 0 2

佐賀商110 000 000 1x3(延長十回)

▽三塁打 山崎(佐)▽二塁打 松尾2、小柳、大西(龍)内田、済木(佐)

佐賀商3―2龍谷

  龍 谷打安点

(4) 松 尾521

(8)9堂 上300

(9) 大 関400

8 末 宗000

(2) 矢 野200

(5) 佐々木100

H5大 西320

(3) 杉 山520

(7) 三 苫430

(6) 古 賀310

(1) 田 中000

H 小 柳111

1 池 田400

   計 35112

 振球犠盗失併残

 58212013

  佐賀商打安点

(9) 山 崎310

(5) 上 田101

(4) 土 井400

(8) 空 閑300

(7) 内 田420

(3) 山 口300

(2) 竹 下410

(1) 吉 末100

1 木 村200

(6) 済 木421

   計 2962

 振球犠盗失併残

 0250015

投 手回 安振球

田 中2 201

池 田71/3401

吉 末31/3413

木 村62/3745

このエントリーをはてなブックマークに追加