幕末、西洋の学問を取り入れて国内最先端の科学技術を持つに至った佐賀・鍋島藩。外国人の技術者を招くことなく、本を頼りに鉄の精錬所、蒸気船を国内で初めて実用化させた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加