塚部芳和市長や市執行部が市民の意見を聞いた「伊万里の夢づくり」座談会=伊万里市大川町の大川公民館

■座談会、大川町を皮切りに

 伊万里市の第6次総合計画策定に向け、市長と市民が市政への要望や課題などを意見交換する「伊万里の夢づくり」座談会が、大川公民館で始まった。11月まで市内の計13地区で開かれる。

 塚部芳和市長が市が取り組んでいる事業内容や課題などの概要を説明。新年度に策定する総合計画について「市民の意見やアイデアを聞いて策定し、10年間のまちづくりビジョンを示したい」と話した。

 初回会場には大川町民を中心に約120人が参加。会場からの意見では「児童センターのトイレを改修してほしい」「通学路が狭く、歩道部分をはっきり示す車線を付けて」など、地域の困りごとに対する“陳情”が大部分を占めた。

 次回は4月26日、大川内公民館で開催予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加