伊万里商業高ホッケー部は、6月に大分県で開催された九州総体で、2年連続のアベック優勝を果たした。

 男子は、古川裕大選手が(3年)が攻守の要となってゲームを組み立て、昨年高校日本代表で活躍した川原大和選手(3年)を中心に得点を挙げる攻撃型のチームだ。

 女子は、森永千紘選手(3年)と水谷美稀選手(3年)を中心に攻守のバランスを取りながらゲームを組み立てる。

 九州総体では男女ともに予選を全勝で突破した。決勝で、男子は熊本県代表の小国高を破り2年連続5回目、女子は福岡県代表の玄界高を破り3年連続6回目の九州制覇を果たした。

 山形県で開催される全国総体では、男女ともに九州の第一代表としての誇りを持ち、これまでの成績を一つでも上回るよう健闘を誓う。(文・古川裕大、古賀千尋)

このエントリーをはてなブックマークに追加