県総体で武雄高は男女とも優勝を果たした。全国総体は8月5~7日に宮城県塩竈市の塩釜ガス体育館で開催される。

 男子主将の木寺悠太選手は「昨年度の全国総体では、男子団体8位・女子団体8位・男子組演武8位・女子組演武16位と好成績を残した。今年度はそれを上まわるように、各種目で入賞(6位以内)を目指して準備をしていきたい」と意気込む。

 女子主将の渕野沙羅選手は、「多くの先生方、(外部コーチの)武富さん、少林寺拳法連盟の方々の支えに感謝し、全国総体では自分たちの力を出しきりたい」と闘志を燃やす。

 団体のほか、女子単独演武1人、男子組演武2組、女子組演武2組が、それぞれの思いを胸に全国総体に挑む。(文・宮崎周作 撮影・福田滉)

このエントリーをはてなブックマークに追加