藤津郡太良町と長崎県諫早市は28日、長崎街道を軸に地方創生を進めようと、「歴史の道観光・文化交流推進協議会」を立ち上げた。街道を約3年をかけて調査・整備し、観光による交流人口の増加を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加